ブログ

【初心者必見】失敗しないアフィリエイトキーワードの選定手順を大公開

✔記事の信頼性

まる@malumoblog24

『キーワード選定』は上位表示させるために絶対に覚えておきたいスキルになります。

これが出来なければ上位表示できない為、あなたの記事が読まれることはありません。

せっかく、読者の為に記事を書いても読まれなければ意味がないです。

読者に読まれない、、、そうならない為に今回は『キーワード選定』の手順を大公開します!

今回はこのような悩みを解決します

読者の悩み
  • キーワード選定ってそんなに重要なの?
  • キーワード選定のやり方が分からない、、、
  • キーワード選定のやり方について教えてほしい!

この記事を最後まで読むことで

✓キーワード選定の重要性

✓キーワード選定の手順

以上の2つを学ぶ事が出来ます!

是非最後まで見てください(*^-^*)

本記事の内容はこのようになります

記事内容
  • キーワード選定の重要性
  • キーワード選定のポイント
  • 初心者が失敗するキーワード選定手順
  • 失敗しないキーワード選定の手順を大公開

将来、ブログ収益を増やしていきたいと考えているのであればキーワード選定を学んで損はません!

キーワード選定はSEO対策にもなるので、上位表示させるには必ず対策しておきましょう。

まる
まる

5分ほどで読めるので、上位表示させたい!

そんな方は是非最後まで見てね!

[ad]

キーワード選定の重要性

そもそもブロガーはどうしてキーワード選定をしないといけないのか?

そちらについて解説します。

キーワードとは?

キーワードとは検索する際に検索画面に打つ単語、言葉の事になります。

何か調べたい!

そんな時にGoogleで検索すると思います。

その時に入力する文字が『キーワード』になります。

ブログをする際、キーワードによってアクセスや売り上げが大きく変化するので選択ミスは出来るだけ減らしたいです。

どうして『キーワード選定』するの?

一番の目的は上位表示させるため

いくらいい記事を書いても上位表示させないと読まれることはありません

読者に読んでもらうために『キーワード選定』し、上位表示させる、これが目的になります。

また世界の約80%がGoogleを使用していると言われています。

Yahoo!もGoogleの検索エンジンを参考に作られているので

上位表示をしたいならGoogleの検索アルゴリズムを攻略する必要があります。

初心者がやりがちなキーワード選定(失敗パターン)

ブラウニー
ブラウニー

めちゃくちゃ頑張っているのに

全然見に来てもらえないよ~(´;ω;`)

それには必ず原因があります。

ここで初心者が良く失敗してしまうキーワード選定方法について簡単に触れます。

もし、少しでも当てはまるのであれば方法を変えてみるのをおすすめします。

パターン ①競合が多い

よくありがちなのが、競合が多いキーワードを選んでしまうことです

  • 転職
  • 脱毛
  • ブログ
  • ダイエット

これらはすべて競合が多いです。

そのうえ上位表示は企業が独占していることが多いので、初心者が上位表示を狙うのはかなり難しいです

競合が多い『脱毛』『ブログ』のような単語をビッグキーワードと言います。

この解説については後程詳しくします。

ビッグキーワードで上位表示させようと思うと

  • 信頼性の高いサイト
  • ドメインパワーの高いサイト

以上の2つのようなサイトが上位表示を独占しているので、勝つのはかなり難しいです。

結果、企業や競合が強いキーワードは避けましょう

パターン② 自分がいいと思ったキーワードを選んでいる

自分がこれいいな!と思ったキーワードを使っていませんか?

それだけではキーワードの深掘りが出来ていません。

基本的に無数のブログサイトがあるので初心者が勝つためにはキーワード選定を入念にして、それから記事を書くべきです。

何となく書けそうだから書く。それでは上位表示は取れません。

パターン③ 検索需要のないキーワード

中には需要のないキーワードがあります

初心者は間違ってそれを選んでしまうことがあります。

需要のないキーワードは当然、検索されないので上位表示されても誰もあなたの記事を読んでくれません

パターン④ Googleファーストのキーワード選定

SEO対策を意識して、タイトルにキーワードを詰め込みすぎたりしていませんか?

それでは、上位表示されません。

なぜなら、記事を読むのはGoogleではなく読者だからです。

あなたは何のために記事を書いていますか?

  • 副業、収益源を増やすため
  • スキルを学びたいため

もちろんその目標を持つことはとても素晴らしいです。

しかし、本来読者に記事を読んでもらい、その対価として収益を得るのがブログです。

しかし、自分の事ばかり考えているブロガーに読者は集まりません。

Googleの為に記事を書いているのではないことを常に意識しなければいけません。

キーワード選定のポイント

失敗しないキーワード選定の方法について紹介します。

キーワード選定時のポイントは2つ

  • 読者が検索するキーワードを選ぶ
  • スモールキーワードから選ぶ

詳しく解説します

読者が検索しそうなキーワードを選ぶ

読者は悩みを解決したいときにグーグルなどのネットを活用し、悩みを解決します。

その検索する際に使いそうなキーワードを考える必要があります。

ブラウニー
ブラウニー

そんなことどうやってしたらいいの?

相手の事分からないし、難しいよぉ~

その際に考えるべきことが以下の2つ

  • 読者はどのような悩みを持っているのか?
  • 読者はどのような解決策を求めているか?

この2つを考えることで読者が検索するキーワードを想定することが出来ます

初心者は必ずスモールキーワード=ロングテールキーワードを狙うようにしましょう

ブラウニー
ブラウニー

ロングテールキーワード?

急に難しい言葉が入ってきて分からないよぉ~

キーワードについて解説していきます

キーワードのボリュームは3種類に分かれます

キーワード
  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード←狙い目!

スモールキーワードを選んだうえで、初心者はニッチなキーワードを選ぶ必要があります。

初心者はビッグキーワードで戦ってはいけない

戦っても絶対に勝てません

なぜなら信頼性が足りていないからです。

なぜならビッグキーワードで上位表示されているのは、そのジャンルで実績を残している企業が多いからです

そちらに真っ向から向かって言っても勝てるはずがありません。

上位表示されいている記事はSEOの最重要項目でもある『E-A-T』を満たしている場合が多いです。

まる
まる

『E-A-T』は権威性の事を言うよ!

簡単に言うと実績や信頼性の事だね!

そのジャンルで上位表示させるのベテランブロガーでも厳しいです。

個人ブログでなおかつ初心者では上位表示させるのは非常に難しいので、必ずロングテールキーワードを使うようにしましょう

E-A-T』について詳しく知りたい方はこちら

【最重要!】SEO対策に必須な『E-A-T』って?分かりやすく解説 (amenof.com)

また、検索ボリュームを意識することでそのキーワードがどれだけ検索されているか調べることができます。

ちなみに先ほどのキーワードではこのようになります

  • ビッグキーワード・・・ボリューム1万以上
  • ミドルキーワード・・・ボリューム1000以上
  • スモールキーワード・・ボリューム1000以下

ボリュームが少なすぎても検索需要がありませんが、初心者であれば迷わずスモールキーワードを選ぶべきです。

キーワードごとの単語数は以下の通り

  • ビッグキーワード・・・1語
  • 例)『脱毛』 『転職』 『ダイエット』
  • ミドルキーワード・・・2語
  • 例)『脱毛 痛い』 『転職 難しい』
  • スモールキーワード・・3語以上
  • 例)『脱毛 痛い 原因』 『転職 難しい 理由』

初心者は競合の少ないジャンルで戦うようにしましょう

検索ボリュームは『キーワードプランナー』『Ubersuggest』などで調べることができます。

調べ方については後程、『検索ボリュームの調べ方』の項目で紹介します。

狙うべきキーワード

キーワードごとに目的が違います。

そちらを理解したうえで検索キーワードを決めることがより精度の高いキーワードを洗い出すことに繋がります。

狙うべきキーワードは以下の通り

  • 欲求キーワード
  • 商標キーワード
  • 悩み系キーワード

どれも超重要です。

欲求キーワード

欲求キーワードとは何らかの欲求を満たしたい思いで検索するキーワードを示します

  • 『ブログ 始め方』
  • 『顔 痩せたい』
  • 『仕事 辞めたい』

これらのキーワードは検索した読者が何らかの行動をとりたい時に検索します。

そのような読者には、検索意図を理解して読者に最適な解決策を提供する事が大切。

何か行動に移せるような記事を書くことがポイントになります。

商標キーワード

商標キーワードとは商品名を示したキーワードを指します

  • 『ConoHa WING 口コミ』
  • 『Wordpress 使いやすさ』
  • 『○○ジム 評判』

商品名を検索する読者はすでにその商品について知っており、購入しようか迷っている状態。

少し後押ししてあげることで購入する決断が出せます

成約してもらうには、その読者がどんな情報を欲しいのかをしっかりとくみ取り、記事に書くことが重要

紹介している3つの『狙うべきキーワード』の中では、一番成約までの距離が近い状態

悩み系キーワード

何らかの悩みをもって検索する人はとても多いです。

初心者が狙うならここがおすすめ!

  • 『仕事 辞めたい』
  • 『ブログ 稼げない』
  • 『体重 減らない』

実際に自分が経験して解決した方法などを紹介することで読者は悩みを解決できます。

それは読者にとってはとてもありがたいことであり、あなたへの信頼性が増します。

悩み系キーワードで記事を書く際は、その読者のどのような悩みを解決するのか明確にしましょう

例題

キーワード:『仕事 辞めたい』

  • 精神的、肉体的にしんどいから仕事をやめたい
  • キャリアアップしたいから仕事を辞めたい

この2つの検索意図は全く違います

ブラウニー
ブラウニー

同じキーワードでも全然

検索意図が違うんだね!

その検索意図をしっかりと理解して、記事を書くようにしましょう。

検索意図を意識することで読者が満足しリピーター(ファン)へと繋がります

読者(リピーター)は継続的に商品を購入してくれるので成約率が高くなります

まる
まる

初心者は悩み系のキーワードを

選ぶのがおすすめだよ!

キーワードから検索行動を読む

キーワードによって読者の検索行動は違います

  • 何を知りたいのか?(Know)
  • どこに行きたいのか?(Go)
  • 何をしたいのか?(Do)
  • 何を買いたいのか(Buy)

これは『マイクロモーメント』と言います

これはGoogleが公式に発表しています。

モバイルの普及により、生活者は「何かをしたい」と思ったとき、すぐに目の前にあるデバイスで調べる、購入するという行動を起こすようになりました。この行動に出る瞬間 であるMicro-Moments (マイクロモーメント)を的確に「見極め」、生活者が求めている情報を「届け」、そして効果を正しく「測定」すればモバイルが生み出す価値を最大化することができます。

引用:Google公式

このキーワードを検索した読者はその後どのような行動をするのか?

それを考えることで品質の高い記事を作ることが出来ます。

失敗しないキーワード選定の手順を大公開

これまでキーワード選定に自信がなかったという方でも大丈夫!

この手順を真似するだけで正確なキーワードを選ぶことが出来ます。

キーワード選定の手順はこちら

  1. ブログコンセプトを考える
  2. メインキーワード決定
  3. サジェストキーワード決定
  4. 競合サイトを調査
  5. キーワードの検索意図を考える
  6. 検索ボリュームを調査

STEP:1 ブログコンセプトを考える

キーワード選定する前に、ブログのコンセプトを決めることが重要です。

ブログの方向性を決める➡キーワード選定

コンセプトを決めるのと決めないのとでは収益に大きな差が出ます。

どちらの手法が成功すると思いますか?

  1. 作戦を入念に考えた手法
  2. 行き当たりばったりで作戦を考える手法

もちろん②番の方が成功する確率はグンと上がります。

ブログコンセプトをまだ決めていない方は必ず決めるようにしましょう。

ブログコンセプトについて学びたい方はこちら

【実例あり】ブログコンセプトの決め方とは?分かりやすく解説します (amenof.com)

STEP:2メインキーワード設定

コンセプトが設定出来たらメインキーワード=ビッグキーワードを決めます

このキーワードを決めることで自分がこれからどんな記事を書くのかを明確にします。

例えばあなたがブログ運営系のブログを始めたいとします。

そうすればあなたが狙うメインキーワードは以下のようになります

  • ブログ
  • はてなブログ
  • アフィリエイトブログ

『はてなブログ』のように商標キーワードをメインキーワードにすることもできます。

また、転職ジャンルについてブログを始めたいなら

  • 転職
  • 転職サイト
  • リクルートエージェント

自分が書けるのはどんなキーワードか?

どんなキーワードだったら読者が見てくれるか?

初心者の場合は特にこの部分を考えましょう。

ブログのジャンル選定は記事を書く前にしておくのがおすすめです

順番的には

コンセプト設定➡ブログジャンル決定➡メインキーワード選定

ジャンルを決めたうえでメインキーワードを調べるようにしましょう

初心者の場合、初めにジャンル設定することで書く記事を把握しやすいです

これからでも稼げるジャンルについて紹介しています

【初心者】アフィリエイトジャンルが決まらない・・!おすすめジャンル15選ご紹介! (amenof.com)

STEP:3サジェストキーワード選定

メインキーワードが決まれば、次はサジェストキーワードを決めていきます。

サジェストキーワードを決める方法はいくつかあります

  • Googleの検索画面から確認する
  • キーワードツールを使用

分かりやすく紹介します

Googleの検索画面から確認する

Googleの検索画面からサジェストキーワードを確認する方法を解説します。

STEP1:メインキーワード入力

まずはGoogleの検索画面にあなたが決めたメインキーワードを入力します。

今回は『転職』をメインキーワードとして進めていきます

①検索窓に『転職』と入力します

STEP2:メインキーワード+スペースキーを入力

②メインキーワードの隣にスペースキーを入力します

そうすると画像のようなサジェストワードを出すことができます。

メインキーワードを入力した後、スペースキーを押してください。

そうすれば関連キーワードが出てきます。

キーワードツールを使用

次はキーワードツールを使用したサジェストキーワードの選定方法についてご紹介します。

初心者におすすめのキーワードツールは2つ

どちらも無料なのでとても使いやすいです。

『Ubersuggest』は一部無料です。

回数制限はありますが、検索ボリューム、関連キーワード、ドメインパワーなどを無料で調べることが出来ます。

今回は完全無料のラッコキーワードを使用して説明します。

STEP1: ラッコキーワードでラッコID(無料)に登録

①メールアドレス入力

すぐにメールが届くので確認したら登録完了!

STEP2: メインキーワード入力

②検索窓に『転職』キーワード入力

STEP3: サジェストキーワード(関連キーワード)選択

③検索ボタンをクリックするとサジェストワードの一覧が表示されます

正直かなり簡単です!

登録はメールアドレスの入力だけなので1分もかかりません

僅か数分で多くのサジェストキーワードを検索することが出来るのでかなりおすすめ!

ラッコキーワードに無料登録

STEP:4 競合サイトを調査

サジェストワード(関連キーワード)を決めたら一度検索してみましょう。

検索した際、1ページ目に表示されている記事がそのキーワードの上位表示されているサイトになります。

まずはその記事を読んでみて

  • キーワードに対してどのような記事を書いているのか?」
  • 見出しはどのようなキーワードを使用しているか?」
  • キーワードに対して読者がどのような悩みを抱えているのか?」
  • 上位記事キーワードに対する解決策は何か?

この2つを意識して読むことで自分の記事に活かしやすいです。

上位表示されている記事はそのキーワードの成功例と言えるので、参考にするのが大切です。

STEP5: キーワードの検索意図を考える

競合サイトを確認したらキーワードの検索意図をより深掘りします。

検索意図=検索した目的になります

1つ例を出します

キーワード:ブログ
  • ブログ 始め方
  • ブログ 収益化
  • ブログ 稼げない
  • ブログ 難しい
  • ブログ アフィリエイト

すべてメインキーワードは同じですが検索意図は全く違います。

  • ブログ 始め方』➡ブログの始め方について知りたい
  • ブログ 収益化』➡ブログでの収益化方法について知りたい
  • ブログ 稼げない』➡ブログをしているけど稼げなくて困っている
  • ブログ 難しい』➡ブログをしていて壁にぶち当たっている状態
  • ブログ アフィリエイト』➡ブログでのアフィリエイト情報を知りたい

先ほどのキーワードだとこのような検索意図があります。

検索意図はビッグキーワードになればなるほど多くなります。

これではまだ検索意図が多いので、スモールキーワードに変えてみます

  • ブログ 始め方 分からない』➡ブログを始めたいけどどの手順ですればいいか分からない
  • ブログ 収益化 手順』➡ブログでの収益化手順を具体的に知りたい
  • ブログ 稼げない 半年』➡ブログを半年しているけど稼げずに悩んでいる
  • ブログ 難しい 初心者』➡ブログをはじめたての初心者が操作面、収益面での難しさに悩んでいることが予想できる
  • ブログ アフィリエイト 提携方法』➡アフィリエイトをブログでやる際の方法について知りたい

スモールキーワード(3語以上)にしてあげることでより検索意図を絞り込むことができます。

質問系サイトから検索意図を割り出す

検索意図は質問サイトからも調べることができます。

質問サイトは以下のようなサイトが有名です。

  • Yahoo!知恵袋
  • Sooda!(ソーダ)
  • 発言小町

Yahoo!知恵袋のようなサイトは読者が悩みを書き込み、それを解決する場所になります。

いわばそのキーワードに対する検索意図がそのまま書いてあるので、読者の悩みをダイレクトに聞くことが出来ます。

STEP6:検索ボリュームを調査

最後に検索ボリュームを調べます。

おすすめツールは3つ

初心者はキーワードプランナー を使えば間違いないです。

また、より細かい数値を確認したい場合は Ubersuggest がおすすめ

GoogleのSEOを攻略するのであればキーワードプランナーを使うのが一番精度は高いです。

なぜなら、Googleのデータに基づいて算出しているからです。

上位表示したい!と言う方はキーワードプランナーで検索ボリュームを調べるようにしてください

まとめ

今回は失敗しないキーワード選定の方法についてご紹介しました。

簡単にまとめると

まとめ

キーワード選定のポイント

  • 読者が検索するキーワードを選ぶ
  • スモールキーワードから選ぶ

失敗しないキーワード選定の手順を大公開

  • ブログコンセプトを考える
  • メインキーワード決定
  • サジェストキーワード決定
  • 競合サイトを調査
  • キーワードの検索意図を考える
  • 検索ボリュームを調査

キーワード選定をすることでSEO対策にもなりますし、読者に読まれやすい記事を作ることが出来ます。

もしこの記事が良ければSNSで拡散していただけると嬉しいです(´ω`)

SEOに有効なリード文の書き方

ブログの文字数はSEOに関係ある?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まる

読書が好きでブログを始めた24歳です。 現在ブログは月間7000PV/4桁ブロガー。Twitterのフォロワーは1万人を達成しました。 「ブログに関するノウハウ」を発信しています。 »プロフィールはこちら

-ブログ