ブログが書けない7つの原因と解決策【知らないとやばい】

ブログを始めて1か月の初心者です。

はじめはうまく記事を書き進めていましたが

周りのレベルを見ると自分なんかが記事を書いていいのか

気になってしまいます・・

そこからなかなかブログを書けなくなって困っています。

そんな質問にお答えします!

✔この記事の信頼性

まる
まる

ブログ歴10か月目突入!

ブログ総収益5桁達成

Twitterフォロワー1万人

まる(@malumoblog24)

記事内容
  • ブログが書けない原因7選【ブログ初心者は特に注意
  • ブログが書けない際の解決法を提示【気楽にブログを書こう

ブログがうまく書き進まないことは誰にだってあります。

僕も初めは周りと比べて「自分のブログのレベルの低さに悩んだり」「ブログのネタが無くなって記事が書けなくなってしまったり」といろいろとありました。

もし、現状ブログが書けなくなっているのであれば早めに対策する必要があります。なぜなら、考えすぎてしまうと記事が全く書けなくなり、ブログを辞めてしまう原因にもなります。

そこで今回は、ブログが書けない原因と解決策についてわかりやすく紹介します!

まる
まる

3分ほどでサクッと読めるので

ブログが書けなくて悩んでいる方は

ぜひ最後まで見てください!

ブログ記事が書けなくなるのはどうして? 【初心者は特に注意】

突然ブログが書けなくなったことはありませんか?

ブログを続けていれば、誰でも1度はブログが書けなくなってしまうことがあります。

その原因として挙げられるのは以下の原因が挙げられます。

  • スキル不足
  • 記事の構造がわからない
  • ネタが思いつかない

しかし、これらすべてに共通する点が1つあります。

共通点があるの?

自分も当てはまってるのかな?

それはあなたがブログを始めて間もないからです。

ブログ初心者は右も左もわからない状態です。そんなブロガーたちがうまく書けないのは当たり前です。

あまり考えすぎずに書き進めていく方「ブログが書けない」という悩みを解決してくれます。

ブログ記事が書けない理由7選【原因を知ることが重要】

ブログが書けない原因について紹介します。

多くの初心者ブロガーが書けなくなる原因に挙げられるのは以下の7つになります。

ブログが書けない理由
  1. 書きたい記事のネタが思いつかない
  2. ターゲット(ペルソナ)設定ができていない
  3. 文章がうまく書けない
  4. ブログで何をすればいいのかわからない
  5. ブログに使う時間がない
  6. 色々と考えすぎてしまい記事が書けない

1つずつ詳しく解説していきます~!

理由① 書きたい記事のネタが思いつかない

初めの数記事は順調に書けていても急に書けなくなることがあります。

それはネタが尽きてしまう時です。

ネタが無くなると、何を書いたらいいのか分からなくなってしまい記事が全く書けなくなってしまいます。

まる
まる

僕も何回は記事のネタがなくなって

記事が書けなくなりました・・

この状態を続けているとブログを書かなくなる原因になるので早めに解決する必要があります。

理由② ターゲット(ペルソナ)設定ができていない

読者の悩みを解決するためには、ターゲット設定は必須です。

しかし、どのようにターゲットを想定すればいいのか分からず、ブログが書けなくなるブロガーは少なく在りません。

ブログ初心者にはターゲットを設定するのがとても難しいです。

ターゲット設定の基礎である

  • 誰の
  • どんな悩みを解決するのか

これを決めることができません。

初心者はなるべく考えすぎずに記事を書くことに専念することが大切です。

理由③文章が上手に書けない(ライティングスキル)

誰もが初めから文章を上手に書けるわけではありません。

ブログには文章の型や記事の型など様々な記事構成がありますが、知らない人が意外とおおいです。

これを知っているか知らないかで、記事を書くスピードが全く違います。

ブログを始めたばかりの人は型がわからないため、毎回自分で記事構成や文章構成を考えてしまい記事が書けなくなってしまいます。

ブログを始めた人の中にも、文章を書くのが苦手な人も当然います。

ライティングスキルを上達させる方法は2種類あります。

  • 記事をひたすら書き続ける
  • ライティングに関する書籍を読む

ライティングに関するおすすめ書籍はこちらの記事で紹介しているので是非参考にしてください。
»ブログを始める前に読むべきおすすめ本5冊!【初心者向けに厳選】

理由④ブログで何をすればいいのか分からない

ブログはすべての作業を一人でしなければいけません。

  • サイト設計
  • SEO対策
  • ブログ記事執筆
  • SNS運用・集客

始めたばかりだと何から手を付けていいか全くわかりません。

まる
まる

僕もブログを開設した当初は

何から始めたらいいのかわからず

悩んでいる時期がありました。

記事を書き進めたらいいのか?ほかに優先してやらなければいけないことはないのか?

このようなことをついつい考えてしまいブログが書けなくなってしまいます。

ブログの始め方~収益化まですべて順番に開設しているため、何をしていいのか分からない方は是非参考にしてください。
»【ブログの始め方】誰でもブログ収益で4桁達成までの具体的手順を完全攻略!

理由⑤ ブログに使う時間がない

ブログが書いている人のほとんどが本業の傍ら、副業としてブログを始めた方が多いはずです。

そのような人はとにかく時間がないです。

  • 会社の同僚・上司との付き合い
  • 仕事の残業
  • 本業で疲れている

このような状態が続けば当然ブログに時間が作れません。

ブログを書きたい・・・」そう思っていても記事を書けない人はとても多いです。そんな人は少しずつブログから離れていってしまい、ブログを辞めてしまいます。

時間がない方でも大丈夫!ブログを効率的に書く方法をこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。
_ブログ1記事にどれだけ時間がかかる?【たった10分で改善できます】 | まるのブログ塾 (amenof.com)

理由⑥ 色々と考えすぎてしまい記事が書けない

色々と考えすぎてしまう人は記事が書けなくなってしまいます。

一度は考えたことはないでしょうか?

「この文章はこれで本当にあっているのかな・・」
「この記事、検索上位はドメインパワーがすごい人ばかりだけど書いて意味あるのかな・・?」

これは誰もが考えてしまう邪念といえます。

人は考えすぎてしまうと、行動に移すことができません。

理由⑦モチベーションが上がらない

ブログをやっている人は知っていると思いますが、モチベーションの上下が激しくなるのがブログです。

調子が良くて月100万円稼げてたのに、Googleアップデートで上位表示されていた記事がことごとく検索県外に飛んでしまう。

そんなことは本当によくあります。

こんな状態が続くとモチベーションも続きません。

また、ブログ初心者の場合

  • 誰にも記事が読まれない
  • 2か月間頑張って毎日更新したけど収益0円

こんなことは本当によくあります。

これが続けばモチベーションが下がってしまい、記事が書けないくなります。

ブログ記事が書けないときの対処法7選【考えすぎはよくない】

先ほどはブログが書けない理由について紹介しました。

まる
まる

1つでも当てはまっている人でも大丈夫!

これから紹介する方法を実践すれば

改善することができるよ!

理由を明確化することで、原因を改善しブログが書けるようになります!

ブログが書けないときの改善策は以下になります。

ブログが書けないときの改善策
  1. 自分の好きなことを書こう!
  2. 過去の自分をターゲットに設定しよう!
  3. ひたすら記事を書いてライティングスキルを身に付ける
  4. ブログのコンセプトを明確に決める
  5. 毎日ブログを触る時間を作る
  6. ブログを楽しもう~
  7. 自分のやる気スイッチを見つける

1つずつ紹介していきます!

対処法①自分の好きなことを書こう!

ブログで書くことが無くなってしまったら、あなたが書きたいことをブログで書きましょう!

書きたいことが無くなる=ネタが無くなる

その場合は好きなことを書いてOKです!

ブログが全く書けなくなってしまい、そのまま辞めてしまうことを考えると好きなことを書き続ける方が間違いなく正解です。

でも、好きなことを

書いていても稼げないんじゃないの?

それは大丈夫です。まずはブログに馴れることに集中しましょう。

ブログに馴れてくれば、書く内容を考えるようにすれば問題ありません。

対処法② 過去の自分をターゲットに設定しよう!

ターゲットが決まらないときは過去の自分をペルソナに設定することをおすすめします!

どうして過去の自分をペルソナに設定するの?

まる
まる

過去の自分だと、「悩み」に対してどのように悩んでいたのか?

この悩みを解決するにはどうすればいいのか?などが

はっきりとわかるからです!

「悩み」は過去の自分はあなたが一番よくわかっています。

どのような悩みがあり、どんな方法で悩みを解決したのか?

それを記事に書くだけで、読者にとっては悩みを解決するために必要である有益な記事ができます。

対処法③ひたすら記事を書いてスキルを身に付ける

文章力がないと悩みをお持ちの方は、ブログ記事を書くのにまだ慣れていない場合が多いです。

まる
まる

ライティングスキルは記事数を積み上げていけば

すぐに上達できます!

記事を書き続けることが、一番文章が書けるようになる方法です。

初めは1時間に500文字しか書けなかった人でも1か月間ブログを続けるだけで、1時間に1000文字書けるようになります。

ライティング力はやればやるほど上達するので、記事を書くのが苦手な場合は伸びしろがあります。

スキルが上達しない場合はライティングに関する書籍を読めば大丈夫です。ブログに関する書籍を厳選しているので気になる方は是非参考にしてください。
»ブログを始める前に読むべきおすすめ本5冊!【初心者向けに厳選】

対処法④ブログのコンセプトを明確に決める

ブログのコンセプトを明確にすることで、あなたが現在書かなければいけない記事は何なのか?これがしっかりわかるようになります。

まる
まる

コンセプトが定まると

誰にどんな価値を提供すればいいかわかるので

どんな記事が必要か知ることができます!

コンセプト=軸がしっかりといていないと、ターゲット設定があいまいな読者受けの悪いブログサイトが出来上がってしまいます。

ブログ初心者にノウハウを紹介するサイトなのにラーメンに行った際のレビュー記事を公開

読者が求める記事はあなたの自己満足な記事ではありません

そうならないためには、しっかりとしたあなたのブログの軸をはっきりさせる必要があります。

コンセプトを決めることが出来れば、自分のブログにはどんな記事が必要なのかがわかってくるのでネタに困ることもなくなります。

ブログのコンセプトの具体的な決め方はこちらの記事で紹介しています。具体例もあるため記事を読みながらコンセプトを決めることができます。
» ブログコンセプトが決まらない方へ5つの手順を紹介【実例付き】

対処法⑤毎日ブログを触る時間を作る

ブログが書けない=触る時間がない人は1日10分でもいいので、ブログを触る時間を作ることをおすすめします。

時間がないからと言って記事を書かなければスキルは身につきません。

ブログ初心者は

  • 何を書いたらいいのか分からない
  • ライティングスキルがない
  • モチベーションが下がりやすい環境にいる(㎴数や収益面)

そうならないためには、1日10分でも構いません。

記事を書かなくてもいいのでブログを触る時間を確保しましょう。

全く触らない日が出来てしまうと、甘えてしまい忙しいときは全く触らなくなってしまいます。

それが習慣化してしまうとブログをやめるきっかけに繋がります。

対処法⑥ブログを楽しもう

ブログが書けないのはブログを心の底から楽しい!と感じられていないからです。

いつのまにかブログを書くことがプレッシャーになっていませんか?。

自分なんかがブログを書いても誰の悩みも解決できない

そう考えるのではなく

・僕の記事が誰かの助けになればいいな!そのためには頑張って記事を書き進めないと!

このような考え方をする必要があります。

つまり、ネガティブ思考からポジティブ思考にマインドチェンジすることが大切です。

記事を書くのが楽しい!と思えるようになればブログが書けないという悩みは無くなります。

好きでもないことを嫌々書くより、好きなブログを進んで書き進める方が絶対に楽しめます。

対処法⑦ 自分のやる気スイッチを見つける

自分がどんなことでやる気が出るのかを知っておくことはとても大切です。

まる
まる

僕のやる気スイッチは

・音楽を聴くこと

・コーヒーを飲むこと

・動画を1本見ることです!

やる気スイッチを知っておくことで

あなたが集中したいとき、作業が終わって休憩したいときにメリハリを持たせることが出来ます。

また、やる気スイッチはブログが書けない人にもとても効果的です。

ブログが書けない場合、モチベーションが下がりがちです

やる気がどんどん下がってしまうとブログを書く気力がなくなってしまいます。

しかし、やる気スイッチを知っておくことで、モチベーション低下を阻止することが出来ます。

「ブログが書けない」は時間が経てば解決することも多いため、それまでモチベーションを保ち続けることが大切です。

ブログ記事が書けないときのNG行動とは

ブログが書けないのは誰にでもあります。

しかし、そんな時にやってはいけないNG行動があります。今回は3つ紹介します。

NG行動
  • 無理をして記事を書く
  • インプットばかりする
  • ブログを触らなくなる

それでは、1つずつ紹介していきます。

NG行動① 無理をして記事を書く

ブログ記事が書けないときは無理して書かないでください。

無理して書いた記事はクオリティが低いですし、そんな記事を読者は読みません。そんな時は無理をせず記事を書くのを休みましょう。

すこし休めばリフレッシュできるので、また記事を書けるようになります。

ブログは頑張って毎日更新しても稼げない可能性が高いです。その理由についてこちらの記事で紹介しています。

»ブログの毎日更新はきついなら必要ありません【逆効果】

NG行動② インプットばかりする

インプットばかりしても意味がありません。

ブログ記事が書けない場合も同じです。インプットをしたら必ずアウトプットをしなければ知識は定着しません。

記事を書く必要はありませんが、アウトプット(メモを取る)などはするようにしましょう。ただ、本を読むだけでは知識が身に付かないので時間の無駄になってしまいます。

NG行動③ ブログを触らなくなる

ブログ記事が書けない場合でもブログに触る癖は必ずつけておきましょう。

人間は楽な方に流れる生き物です。「ブログを書かない」そう決めてしまうと、全く書かなくなってしまい、そのまま辞めてしまいます。

そうならないためには、あなたのブログを毎日触ることをおすすめします。

やることは「記事を書くことではなく」以下の3つになります。

  • 記事の装飾
  • サイトデザイン
  • 内部リンク設置

頭を使わない作業をすることで、記事が書けない場合でもブログを成長させることはできます。

SEOに効果的な内部リンクのはりかたについてはこちら
»【Wordpress】SEO対策にも!内部リンクの効果的な貼り方

読者が見やすい記事の装飾のコツについてはこちらを参考にしてください
»ブログ記事を簡単に装飾する10のコツ【たった5分でおしゃれに】

まとめ:ブログが書けない原因は自分が一番よくわかっている

今回は「ブログが書けない原因7選」について紹介しました!

簡単にまとめると

まとめ
  • ブログが書けなくなってしまうのはどうして
    ・・あなたがブログ初心者だから
  • ブログが書けない原因7選
    ①書きたい記事のネタが思いつかない
    ②ターゲット(ペルソナ)設定ができていない
    ③文章がうまく書けない
    ④ブログで何をすればいいのかわからない
    ⑤ブログに使う時間がない
    ⑥色々と考えすぎてしまい記事が書けない
    ⑦モチベーションが上がらない
  • ブログが書けない際の対処法7選
    ①自分の好きなことを書こう!
    ②過去の自分をターゲットに設定しよう!
    ③ひたすら記事を書いてライティングスキルを身に付ける
    ④ブログのコンセプトを明確に決める
    ⑤毎日ブログを触る時間を作る
    ⑥ブログを全力で楽しむ
    ⑦自分のやる気スイッチを見つける

ブログが書けないのには必ず原因があります。

あなたが今どれに当てはまるのか確認して解決しましょう!


タイトルとURLをコピーしました